Golf562!【ゴルフブログ】

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

右前にあるボールを少し下に向かって打つのだ。

 

以前、シャットフェースについて書いた記事です。

 

www.golf562.work

 

往き(バックスイング)でシャットフェースにしたなら、帰りのダウンスイング(ハーフウェイダウン)でもフェースを閉じて打ちたいという記事でした。

 

今回もう少し具体的なイメージが湧きましたのでメモしておきます。

 

ハーフウェイダウンの位置で身体の少し右前にある仮想のボール(白いマル印)を青い矢印の方向に打つイメージというものです。

 

f:id:g-neue:20190616234959j:plain

 

青色の方向に打てるポジションに入った時、体が回転すると丁度スクエアに入ってくる感じがします。

 

赤色の方向に打ち出す感じになった時はフェースが開いて入って来て、ボールは右に飛ぶ確率が高くなりますし、黄色の方向の時にはフェースが被りすぎて入ってくるので、左に低い球が出ます。

 

 

 イメージを言葉にすると…

「右前にあるボールを少し下に向かって打つのだ。」

ということになります。

 

写真を見て頂くと手がかなりボール側にある感じがしますが、このポジションからボールを打ちにいくイメージはまた、おいおいと。