Golf562!【ゴルフブログ】

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

スイング軸を作ってタメを作りたい(バランスディスクに乗っちゃいな)その4

 

前回の記事の最後で、バックスイングで頭が動きすぎる件を書きました。

 

www.golf562.work

 

最近少し気になっていた事は、バックスイングで腰の回転を促すために右膝を伸ばしてるという事。

  • 腰を回すために、右膝を伸ばす
  • 腰は左に移動し、バランスを取るために頭は右側へ
  • 腰が回りすぎ、クラブがインサイドに入りやすくなる
  • ダウンスイングでインサイドからクラブが寝て入る

という感じでしょうか。

 

古典的なゴルフの教えですが、「バックスイングで右膝を動かさない」っていうのがあります。

それを少しやってみようと思い、少々スポンジボールを打って映像を見てみたのですが、あまりしっくりこなくて…

 右足を不安定な上に置いて打てば暴れる事も少なくなるんじゃないかなぁと思って、出してみました!

バランスディスク!

 

 

これを右足で踏んでスイングします。

結構不安定なのでしっかりとバランスを取って踏もうとします。

右足内側でしっかりと踏ん張ってバックスイングするので、右へのスエーは本当に少なくなります

そして、何よりびっくりしたのは、右へのスエーがないので、左へのスエーも少なくなるという事

あと、必要以上に体が回らないので、オーバースイングや過度な回転によるクロスシャフトなんかにも効果ありそうです。

 

バランスディスクの上に乗って、顎と肩の分離をしているだけ。

頭の位置がインパクトまであまり変わっていないでしょ。

 

www.golf562.work

 

この練習を続ければ、スイング軸がだんだん出来て来そうな気がします!

 

あと…

左肩から顎を分離した直後に体幹をどう動かすか…

これ結構悩んでいたりします。

 

そのあたりは、またおいおいと。