Golf562!

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

ゴルフスイングで前傾維持のためにAPTする?

 

梅雨入りでございます。

週間天気予報を見ていると今後1週間ほど雨が続くようです。

マイ練習場は当分閉鎖になりそうです。

 

さて、前回よりチーピン対策強化月間という事で記事を書き始めました。

 

www.golf562.work

 

大まかに4つのカテゴリーに分けて練習を開始したのですが

  • テイクバックでのクラブフェースの管理
  • ダウンスイングは下半身始動で体を回す事
  • 切り返しからのハーフウェイダウンまでのクラブの振り方
  • ハーフウェイダウンからインパクトまでのクラブの振り方

 2つ目のダウンスイングは下半身で体を回すというところでつまづいてしまいました。

トップから膝の高さを変えないように、左お尻を後ろに引く。という動作の練習をしていたのですが、これがいつも同じように出来なくて、再現性もすごく低くなります。

 

結局左のお尻を後ろに引いても、骨盤が立ってしまうと前傾角度が崩れてしまって

  • 左サイドが高くなって右サイドが低くなる
  • クラブがインサイドから入る
  • 右に行くのを嫌がる
  • 過剰に腕をターンさせる
  • チーピン連打のパターン(笑)

ということになってしまいます。

 

そこで、切り返しから骨盤を前傾させる方法(APT=Anterior Pelvic Tiltをとってみました。

 

f:id:g-neue:20190627112225j:plain

骨盤前傾の図解。ネットでお借りしました。

 

骨盤を前傾させるとはどういう事なのか。
直立して骨盤を前に倒すと図のような形になります。

上半身がアドレスくらい傾いた感じで想像してみてください。

図にもありますが、感覚的には反り腰になる感じがあります。

これを切り返しで入れながら体をターンしていきます。

 

f:id:g-neue:20190627111527j:plain

アドレスでは切り返しに備えて骨盤を立て気味に構えます。

アドレスした時の感覚はお腹とおへそが引っ付くような感じで、腰の上部が少し丸くなる感じです。

 

f:id:g-neue:20190627111556j:plain

切り返した時に骨盤を前傾させます。
お尻の位置も前に出ずにアドレスくらいの位置に戻っています。

両足で踏み込んでいる感覚もあり、右足の鼠蹊部(ビキニライン)にもしっかりと荷重されている感じがあります。

 

www.golf562.work

 

 

f:id:g-neue:20190627112432j:plain

ハーフウェイダウン

 

f:id:g-neue:20190627112506j:plain

インパク

骨盤で下に向かって荷重しているので、べた足でインパクトする形になっています。

 

 

 

 

 

コーチによっては、切り返しでの骨盤前傾(APT=Anterior Pelvic Tilt)を推奨している方もいますし、反り腰から体を痛める可能性もあるため否定する方もいるようです。

今のところ体に痛みはありませんので、もうしばらく検証したいと思います。

 

その結果は、またおいおいと。

 

 --------------------

よくお問い合わせいただくのが、打っているボールについて。

TABATAさんのマーブルボールって言うのを打っています。

最大飛距離が5mです。軽くて少し風が吹くと転がります(笑)

しかし、フルショットしてもあまり飛ばないと言うことと、軽いのですが芯で打った感覚はあります。

下に楽天のリンクを貼っておきますので、ご参考に!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タバタ Tabata マーブルボール 6個入り GV-0302
価格:604円(税込、送料別) (2019/6/27時点)

楽天で購入