Golf562!【ゴルフブログ】

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

切り返しで時差を作るのだ【インパクトまでに手首をアーチ型にする】

今日も雨。

テラスで練習も出来ないので、お犬さんとまったり。

 

さて…

ゴルフスイングでのトップで手首の角度は甲側に折れるのか、それとも掌側に折れるのかという記事を書きました。 

www.golf562.work

 

フックグリップ にしていると、アドレスで手首が少し甲側に折れているので、そのまま角度を変えずにトップまで行くと、トップでは少しだけ甲側に折れるという話でした。

f:id:g-neue:20190711160456j:plain

 

で、これをどうやってインパクトまでに甲側に折るかという事なんですが…

フルスイングでいきなりすると難しいので、腰から腰までのスイングで練習してみました。

 

テークバックまでは下の記事を参考に。

 

www.golf562.work

 

 

f:id:g-neue:20190714210539j:plain

アドレスではこう構えています。

 

f:id:g-neue:20190714210822j:plain

切り返しで体は左方向に回転しようとします。

その時、クラブにはまだ上がろうとする力が働いています。

その時、引っ張り合いに寄って左手首は掌側(右手首は甲側)に折れる力がかかります。

f:id:g-neue:20190714211105j:plain

 

そのまま体を回転させてインパクトすると…

f:id:g-neue:20190714211209j:plain

逆くの字の形でのインパクトになります。

 

注意点としては

  • 切り返しで左への回転とクラブが上がる慣性の引っ張りあいを感じる事
  • その引っ張りあいがクラブヘッドの時差となる事
  • その時差を感じるために、手首は柔らかく使う事

あとハーフウェイダウンでは下の記事の形になりますね。

 

www.golf562.work

 



これをフルスイングにつなげて行くのが結構難しそう。

 

何か新しい気づきがあればまた記事にします!