Golf562!

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

片手スイングから問題点を炙り出す。

前回ハーフスイングの切り返しで時差を作るという記事を書きました。

 

www.golf562.work

 

アドレスの手首の角度を変えずにテークバックしていき、切り返しで体とクラブに時差が出来る事によって、左手首が掌側に折れてインパクトでハンドファーストにコンタクトするという話でした。

 

これをフルスイングに繋げて行くにあたり、右腕と左腕の役割を再確認しようと思い、右手の片手スイングをしてみました。

 

切り返しで体を回転させます。クラブは上に上がり続けようとするので、右肘と手首に時差が出来るはずです。

 

 

素振りを見て頂くとわかりますが、切り返した時に右肘が内側に絞り込まれる感覚があって、それに伴ってクラブは寝る動きになります。

 

 

片手スイング(現状)の分析

実際にスポンジボールを打った時に

f:id:g-neue:20190715154839j:plain

アドレス。

 

f:id:g-neue:20190715154849j:plain

ハーフウェイバック。

クラブヘッドが手の外側にあり、ほぼオンプレーンですね。

 

f:id:g-neue:20190715154902j:plain

トップ

 

f:id:g-neue:20190715154912j:plain

切り返して、ハーフウェイダウン。

シャフトは飛球線と並行で、フェースも少しクローズ。

少しアンダーから入っている感じがありますが良しとします。

 

f:id:g-neue:20190715154921j:plain

インパクト。

ここで衝撃の事実が。

ほぼシャフトプレーン上にあります!

(いつもはもっと手が浮いています)

 

現状の認識

上記からの現状の認識としては 

  • 右手だけでボールを打つ時は、オンプレーンにクラブが動く。
  • 左手でクラブは持っていない。
  • 左サイドはフリーの状態で、回転しやすい状態。

 

課題の抽出

間違った左サイド(腕・肩・腰・脚)の使い方をしている事により、手が極端に浮いた状態でしか打てないのではないか。

という仮説を立てました。

 

左サイドの使い方を少し勉強して、課題を検証してみたいと思います!