Golf562!【ゴルフブログ】

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

左足の使い方で二転三転。

日中がすごく暑いので流石にワンコの散歩もかわいそうだなぁと思ってできる限りアーリー・バード的な時間に散歩に連れていってます。

しかしながら…このワンコ。中々歩かないんです。

という事で、ワンコ用バギーを投入しました。

結局、ワンコの散歩というよりも、人間の健康維持みたいになっております(笑)

 

前回・前々回の記事の内容

  • ボールポジションの確認
  • 首回りの筋肉を緊張させないようのして、深くバックスウイングする

という内容をフルスイングで確認しました。

 

 

www.golf562.work

  

www.golf562.work

 

実はこの時にもう一つ検証したいことがありまして…

それは左膝の使い方。

 

以前の記事でこんな事書いてます。

 

アドレスをする時に、左の鼠蹊部を伸ばす感じで、そして右の鼠蹊部を縮める感じでセットアップします。

これで左の鼠蹊部を広げた間隔のままバックスイングすると、左の鼠蹊部の所が広がっているので、膝は体の内側に入りにくくなります。

また切り返しでも、左の股関節を必要以上に動かす事がなくなるので、スムーズにダウンスイングに入っていけます(という気がしています)

と言う感じなんですが…

まずは検証が必要ですね。

 

 

www.golf562.work

 

この足の使い方をすると、左膝が体の内側に入りにくい(膝の間隔は維持しやすい)ため、身体が固いのかどうもバックスイングが浅くなります。

しかも以前のスイングを映像で見ると、下半身(特に足)があんまり使えてないようにも見えます。

 

そこで、左膝を内回りに回転させて(結果的に左膝は右膝に寄ります)バックスイングを始動します。

f:id:g-neue:20190811163137p:plain

首回りの筋肉を緊張させないようのして、深くバックスウイングする事と相まってしっかりと身体が回転しています。

 

切り返しはその左膝をグッと元に戻す事でスイングしてみました。

f:id:g-neue:20190811163237p:plain

 

しっかりと下に力が掛けれるようになり、そして左にも乗っていきやすくなりました。

 

これも正解かどうか分からないので、しっかりと検証していきます!

 

-----

クッション良くて使い勝手もすごくいいです。