Golf562!

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

へっぴり腰が高速回転の素?【ダウンスイング 】

前回は体幹の動きを1つテーマに持ってラウンドしてきたという記事内容でした。

 

www.golf562.work

 

その体幹の動きというのは腰の動きです。
下記にある自分の課題を腰の動きによって解消しようとしています。(欲張り)

  • バックスイングでの左右のスエー
  • ハンドファーストにするために腰を開く
  • 切り返しから腰が左にスライドする事で起こる右への急激な軸の傾き
  • その事から起こる過剰なインサイドアウト軌道
  • 切り返しから急激に左肩が上がってしまう事
  • ダウンスイングで腰が前に出る事を防ぐ
  • 前傾角度の維持

で、腰をどのように動かすかなんですが…

f:id:g-neue:20190822183152j:plain

バックスイングで仙骨(尾てい骨の少し上)を回転しながら飛球線方向に移動

 

f:id:g-neue:20190822183207j:plain

切り返しからはその仙骨を飛球線後方に(ゆっくり動作すると腰が引けた形)

そして、インパクトからは腰を伸展してヘソをターゲットに向けて行く

 

映像を見て頂けると雰囲気が分かると思います。

 

後方からのスイング写真です。

f:id:g-neue:20190822183312p:plain

一応飛球線方向に仙骨を移動しています。

(このアングルでは分かりにくいですが)

 

ハーフウェイダウン

f:id:g-neue:20190822183425j:plain

仙骨を飛球先後方に移動しています。

 

ここで

  • お尻がしっかりと見えてしっかりと回転している
  • 肩のラインと腰のラインに捻転差が出来ている
  • 左肩が急激に上がっていない

という事に注目したいと思います。しかも無意識です。

 

映像はこちらです

 

タイミングが中々合わなかったりして、まだまだミート率は悪いです(笑)

今後、この動きをブラッシュアップしていって、ラウンドでまた検証したいと思います!

 

※(ご注意)今回の記事はネット上にある色々なゴルフ理論を寄せ集めてますので、正しいのか間違っているのか、整合性が取れているのかなどについて何一つ検証が取れていません。