Golf562!【ゴルフブログ】

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

アドレス-2【モダンゴルフ】リミッターを外す

今日は火曜日、第2章「スタンスとアドレスの姿勢」の2回目です。

 

1回目はこちらです。

 

www.golf562.work

 以前から自分のアドレスを正面から見た時に、左膝が開き気味で膝と腰が飛球線に対して少しオープンになっている気がしていました。

(自分ではオープンにしている感じはありません)

f:id:g-neue:20191008172524p:plain

 

で、ベンホーガン先生はモダンゴルフの中で

スイング中、両ヒザは”お互いの方向に”作用するということだ。

だから、あらかじめ、両ヒザを内側に向けた状態を作っておけばいい。

私の意見では、これは上達への非常に価値ある近道である。

なぜなら、アドレスでそうしておけば、スイングするときに両ヒザはわずかに動かすだけで済むし、体の他の部分の動作に神経を集中させる事ができるからだ。

と言ってます。

 

という事でやってみましたが…

f:id:g-neue:20191008173109p:plain

ワタクシ、結構なガニ股でして。

これ自分の中ではすごく内股なんです(笑)

しかし、後方から映像で見ると膝、腰が飛球線に対してスクエアになっていたります。

自分の感覚と実際の動きの誤差が無くなるまで少し練習が必要ですね。

 

このアドレスから振ってみました。

 

今日のテーマは「リミッターを外す」。

スイングの事を色々と考えて振っていると、どうしてもインパクト中心主義になりがちになります。

インパクトでスイングが終わってしまって、あと惰性みたいな。

今後の飛距離の事なども考えて、フィニッシュで自分の背中にシャフトがあたるまで、体を回して振る。スイングのことは考えない。

という事をやってみました。

 

加齢とともに力でスイングをしていたら、恐らく今後だんだんと飛距離が落ちてくると想像されます。

ですので、今のうちにスイングで飛距離を出すという事を覚えていきたいなぁと思っています。