Golf562!【ゴルフブログ】

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

スイングの後半-3【モダンゴルフ】ボールポジション

木曜日は「スイングの後半」についてです。

 

前回はスイングの後半-2という事で「インパクトでの左手首の使い方」について書きました。

よろしければご覧ください。

 

www.golf562.work

 

今回はボールポジションについてです。

f:id:g-neue:20191017204539j:plain

シャフトが短くなればなるほど、それだけボールの近くに立たなければならない。当然、スイングプレーンはより鋭角的になるし、スイングアークは小さくなる。

アークが小さくなると、ダウンスイングで腰を開く余裕は、その分少なくなる。

ショットを始める前に、腰の左サイドがスイングの邪魔をしないようにしておくのだ。

アドレスで右足をボールに少し近づけるのである。

 

ドライバーは少しクローズに構えて、ショートアイアンは右足をボールに近づけることに寄って少しづるオープンになっていきます。

丁度スクエアになるのはミドルアイアンですね。

 

これは現代のDプレーンの理論にも当てはまります。

アッパーに打ちたいドライバーはクローズスタンス。ダウンブローに打ちたいショートアイアンはオープンスタンスに。

 

Dプレーンは勉強中なので、またどこかで記事にできればと思います。

 

さて、前回の続きの頭を動かさずに肩を回転ですが…

 

  • 頭を動かさずに
  • ターゲットに背中を向けるまで肩を回したら
  • 肩の先端から3センチの所に顎が当たる

を実行しようとした時に、最初の頭が動いて問題に直面しました。

 で、自宅で目の前に鏡を置いて、そこに顔を写してボールを見ずにスイングするってのをやって見ました。

 

www.golf562.work

 

 今日は、それを屋外練習場(と言う名のテラス)でどんなスイングになっているのか映像で検証して見ました。

スイング中、前に置いている鏡だけを見ています。

 

f:id:g-neue:20191017210503p:plain

アドレス。

 

f:id:g-neue:20191017210521p:plain

胸骨の位置を変えないように、左のサイドベントを使ってあげています。

(文字にすると何か大変そうですが、実際は簡単な事をやってます)

 

f:id:g-neue:20191017210638p:plain

トップ。

色んな事を同時進行で大胆に動作していると言うのはありますが、右膝が伸びすぎて重心が左すぎるかな…と思っています。

あ、でも頭を動かさないと言う命題はクリアしてますね。

 

f:id:g-neue:20191017210827p:plain

インパクト。

頭の位置は合格かな…

 

2枚目の写真で膝のポジションを再検討したいと思います。

上半身に今より力が入るとリバースピボットになりそうな予感もありますしね。