Golf562!【ゴルフブログ】

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

骨盤をスライド?

めっきり寒くなってきました。

冬空は空気が澄んで夕焼けも綺麗になりますね〜。

 

ワタクシの方はまたまたスイングの改造に着手しております(趣味です)。

 

極力手を使う意識がなくて、体を回転するスイングがしたいのですが…

「回転する意識が無いのに、結果として回転している。

自分はその場に留まっていて目の前のボールを打つだけ。」

みたいなスイングが理想です。あくまで理想です。

 

で、骨盤の動きを色々と調べていたのですが…

(ゴルフスイング物理学という本を読みました)

 

骨盤が回転する条件があって

骨盤を前傾させて(絶対条件です)

  • 骨盤を横にスライドさせる
  • 右足、左足の長さを変える

こうする事で骨盤は回転するそうです。

 

これ、骨盤(体)を回転させるという意識ないでしょ?

スイングに当てはめていきます。

  • アドレスで骨盤をしっかりと前傾させて
  • 骨盤を右にスライドさせて始動
  • ほんの少し遅れて、左足を曲げる(左足を右足よりも短くして足の長さを変える)
  • トップで股関節がギュッとなるのを感じます
  • 切り返しで腰を左にスライド
  • インパクト付近で左足を伸ばす(足の長さを変える)
  • そしてフィニッシュ

腕はこの体の動きについてくるだけです。

これで実際にスイングしてみました。

 

胸郭(胸)を中心にして、振り子のように骨盤が右、左と動くような感覚です。

f:id:g-neue:20191130204226j:plain

 

自分の中では、体をしっかりと回転させて肩を90度回さなきゃ。という意識は全くないのですが

f:id:g-neue:20191130204636p:plain

回っていて一安心。

いや、むしろ以前よりも回っております(笑)

 

レンジに行って実際のボールを打って検証してみる必要がありますね。