ショートコース好きなblog。

平均スコア90のアベレージゴルファーです。スイング改造を趣味にしています。全て個人の感想です。でも誰かにお役に立ったら嬉しいです。

100ヤードの達人になりたい。

皆さん、こんにちは。

 

ゴルフのスコアを作る上でよく言いません?

スコアを縮めるのは100ヤードから如何に少ない打数で上がれるかだよ。

なんて。

 

わかっているんですよ。

アプローチとパターが大事ってことは。

しかし、いつも感覚だけで60ヤードとか70ヤードとか40ヤードとか振っちゃうんで結構、距離感がバラバラなんてことに。

 

という事を頭の片隅にちょっと置いていたら、こんなyoutubeが。


www.youtube.com

 

詳しくはこのyoutubeをご覧頂ければと思うのですが、ここに出てくる距離チャートを自分に当てはめてみました。

私は50度のウェッジで100ヤード打ちますので、例えばスイングの大きさが半分(50%)でグリップの握る場所、スタンス幅がフルスイングの50%で50ヤードの飛距離を打つ。と言う表の見方です。

 

ここで私が大事だなぁとおもたのは、50ヤード打つ時は、スイングの大きさが半分(50%)でグリップの握る場所、スタンス幅がそれぞれフルスイングの50%というところ。

 

グリップの位置とかスタンスの幅って意識して打ってないんです。

ほぼ感覚というか。だから思い返してみると、50ヤード打つのにスタンスの幅が最大であったり、グリップをマックス長く持ったり、振り幅を大きくしたりとしていたような気がします。

 

で、距離に合わせて振り幅、グリップの位置、スタンス幅を揃えていく事で、自分の中の距離感のデータ蓄積ができると思いました。

 

いつも行ってるショートコースなんかでもこの辺りを意識してラウンドしたいと思います。

 

 

ところで、冒頭、スコアを作るのは100ヤードから如何に少ない打数で上がるか。とおいう事をお伝えしましたが、これにはある前提があると思っています。

 

それはティーショット」

 

結局、ティーショットで大ミス(OB)すると、それだけでそのホールの組み立てが出来なくなりますよね。

とりあえずティーショットがOBにならず、枠の中で収まっていればもう最高です。

その為に距離のコントロールをしながら打つ事も必要になってくるでしょう。

 

で、先ほどの100ヤードの距離チャートのドライバー編を作ってみました。

わたくし、ドライバーのフルショットで(多めにみて)230ヤードくらいです。
そして、アプローチみたいに腰の高さからヘッドを振るとだいたい100ヤードくらい。

 

この2点のデータは元々持っているデータです。

 

計算するとハーフスイングで165ヤード、スリークォータースイングで197ヤードって所ですね。

 

このドライバーのハーフショットやスリークオーターショットを駆使してなんとか枠の中にドライバーショットを収めて、100ヤード以内のショットに繋げていけたらなぁと思っています。

 

ま、ドライバーのハーフショット165ヤードと6番アイアン165ヤード、どちらが安全かという問題はありますが。